商品紹介

一つひとつが心を込めた手作業のオリジナル商品職員と利用者が「働くこと生きること」を根幹に、四季に合わせて作られる北総の商品紹介

農耕班農作物の栽培・収穫・販売

創設:昭和49年
2haの畑で年間15種類の無農薬野菜を栽培。メンバーは毎日手や顔を泥だらけにしながら草取りや収穫に励んでいます。冬場のメインの仕事になる切干大根は農耕班のヒット商品。太陽と風、大自然の恵みから作られる切干大根は甘味たっぷりで風味も抜群と評判です。

商品のご購入はこちらから


はーとふるメッセ・オブ・ザ・イヤー2011 優秀賞

園芸班花の栽培・収穫・販売

創設:昭和54年
大型フレームを2棟持ち、近隣の園芸農家さんに知恵や技術を学びながら、少しずつ品種を増やし、今では年間16種類の花を育てています。土作りや鉢運びなど、一鉢一鉢手入れをすることで、元気できれいな花を咲かせています。フレーム一杯に咲き誇った花の園は安らぎを感じさせます。

木工班木工の製作・販売

創設:昭和51年
創設当時から作り続けているのが焼き板製品。花台や鍋敷き等の製品を磨き上げています。焼き板の他にも欅(ケヤキ)や栃(トチ)、槐(エンジュ)、桜の木等自然の木目を生かした花台や瓢箪の飾り物等年間で10種類の製品を作っています。一つひとつブラシや布で磨き上げた製品は、木のぬくもりが感じられる逸品です。

手芸班布製品の製作・販売

創設:昭和49年
手芸の基本となる裁縫によって作り上げられています。しつけ→ミシンがけ→しつけ取りといった一つひとつの工程を全て手作業で行っている製品はエプロン、バック、マットなど年間20種類。「丈夫で糸始末も丁寧」とお買い上げ頂いたお客様からも喜ばれています。

陶芸班器、花瓶などの制作販売

創設:昭和52年
一般的なろくろを使って作り上げるものではなく、粘土を紐のように伸ばして積み上げていく「手びねり」という手法で作られています。製品の中でもロングセラーなのは、ハゼの箸置きです。その独創性と丁寧な仕事が認められ平成21年には千葉県はーとふるオブ・ザ・イヤーの審査員特別賞を受賞しました!

林産班椎茸とどくだみ茶の製作・販売

創設:平成元年
「椎茸」と「どくだみ茶」を作っています。椎茸の栽培は原木にドリルを使って穴を開け、椎茸の菌を入れるところから始めます。菌が元気に成長できるよう、メンバーが手で原木を持ち運び、季節の気温や湿度に合わせて調整します。多い時は年間2.3tの椎茸が収穫できます。どくだみ茶は近隣の山に自生しているどくだみを収穫、乾燥させお茶にしています。

紙工芸班紙工芸品の製作・販売

創設:平成元年
原料となる楮(コウゾ)から畑で栽培し、自前の和紙を生産しています。根気良く木槌で打ち砕かれた楮の繊維を漉いて上質の和紙に仕上げています。年間で300枚の和紙を生産しており、その和紙に職員が押し花や絵を施してしおりやハガキ、そして張子の干支を作ります。日本の伝統工芸である和紙作りを現代に引き継いでいます。


はーとふるメッセ・オブ・ザ・イヤー2011 奨励賞

北総育成園活動報告
2017.07.06

会社説明会開始のお知らせ!

当園では、近日、2018年卒の方及び転職希望者向けに見学説明会を開催致します。

活動一覧

社会福祉法人さざんか会 北総育成園

〒289-0601 千葉県香取郡東庄町笹川イ5852

電話でのお問い合わせ

0478-86-3003

FAXでのお問い合わせ 0478-86-3295

メールでのお問い合わせ hokusoikuseien@e-sazankakai.or.jp